億万長者のビジネス戦略

2010年11月04日

日銀の追加緩和期待が円高の歯止めか?

昨日は、予想通りの乱高下でした。



その中で、ドル円は予想ほどの動きはなかったように思います。
FOMCで追加緩和が決まり、大きく円高に向かい、
過去最高円高に向かうのではとおもいましたが、



現在、80円80銭あたりで踏みとどまっています。



これは、日銀の追加緩和期待が円高の歯止めになっていのでは
との声が聞かれています。



その期待を裏切るようだと、
再度、最高値を狙う動きになるのでしょうが、
本日は、もみ合いで大きく円高には向かわないのではと思います。



ユーロ、ポンドは予想通り、跳ね上がって、また下がりと
乱高下し、現在も見合いになっているところです。



ユーロ/ドルは、一度調整で下げるのではと思っていますが、
ユーロ、ポンドともアップトレンドに再び変わってきたように思います。



次は、雇用統計の発表ですが、
それまでは、大きく変動するのはないかもしれないなと思っています。
ラベル:追加緩和策
posted by 左中 at 14:20| Comment(18) | 為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

本日はいよいよFOMCで乱高下か?

昨日は、ドル円相場で81円近くまで円安となりましたが、
現在、80円60銭台でもみ合っています。



本日は、いよいよFOMC政策金利の発表があります。



その前に、ADP雇用統計の発表がありますが、
それを含めて、本日の夜は乱高下必死だと思われます。



結果しだいでは、ドル円相場は、
過去最高値を更新する可能性もあります。



そうなると、ユーロ、ポンドも大きく動き、
どちらに触れるか予断を許せません。



ユーロ/ドルも直近高値1.4161を越える可能性も充分有りますし、
1.38割れも考えられます。



現在、売りでポジションを持っていますが、
状況をみて早めに手放した方が良いかもと思っています。



本日は、日本市場が休みのため、
昼間は落ち着いた、あまり値動きのない状況となるでしょうが、
午後3時ごろから注意が必要と思っています。



ADP雇用統計の発表前に何らかの動きがあり、
その後、夜通し乱高下するのではと思っています。


ドル円はもし高値を更新した後は、
戻しがあると思いますが、さてどのような動きになりますでしょうか。
ラベル:FOMC
posted by 左中 at 09:56| Comment(1) | 為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

イベント前の80円大台割れはないか

昨日は、ドル円相場は乱高下で大変でした。



イベント前に色々な思惑もあり、
乱高下に拍車をかけているかもしれません。



現在、80円半ばで推移していますが、
本日は、休日前もあり、
イベント前での80円大台割れはないかもしれません。



米サプライ管理協会(ISM)が1日に発表した
10月の製造業景況指数は56.0と、
9月の54.4から急上昇し、米経済が予想以上に
堅調である可能性がでてきました。



そのことも、大きな下げを抑制している要因でもあると思います。



80円20銭から90銭の間でのもみ合いが
続くのではと思われます。



昨日が、丁度この頃に大波乱があっただけに、
本日がやけに静かに感じます。



本日は、終日このような感じでしょうか?
posted by 左中 at 09:39| Comment(0) | ドル/円相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[link]無料動画「日本株市場にチャンス到来!?」
[image]富裕層の投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。